オリジナルのバッヂを簡単に作る方法

admin 30 6月 , 2017

DIYブームということもあり、オリジナルグッズを自分で作って使って楽しむという方が増えてきました。好きな写真やイラストを使って、市販されていないデザインの物を作ってみたり販売したりと用途も様々な缶バッヂ制作もDIY好きの方なら1度はやってみたいジャンルの1つなのではないかと思います。オリジナルバッヂ作りに、くるみボタンを使って作る方法があります。好きな紙をくるんだり、布をくるんだり、デコパージュやレジン液で加工するやり方などがありますが、今回は100円ショップのくるみボタンキットとリボンを使って、かわいい小さなロゼット風のオリジナルバッヂを作る方法をご紹介します。くるみボタンもリボンも使用する材料は全て100円ショップで揃えることができるので、誰でも気軽にチャレンジすることができます。是非、好きな布やリボンを使って世界に1つだけの素敵な作品を作ってみて下さい。

ロゼット風オリジナル缶バッヂの作り方

用意する物は、くるみボタンキット・くるみボタンを包む部分になる布・くるみボタンのまわりのひだをつくるリボン・安全ピン・ハサミ・チャコペン・グルーガンです。作り方は、まずくるみボタンキットに付属の型を使って、包む部分の布をカットします。カットできたらくるみボタンを作る要領で布を包んでいきます。包めたら、リボンを好きな幅に折りたたみながらグルーガンで留めていきます。まわりのヒダの部分と中央のくるみボタンを同じ柄にしたいという場合は、幅の広めのリボンを用意するか、布をリボンのように長く加工した物を使うと良いです。くるみボタン1周分ヒダができたら接着します。リボンを好きな長さにカットしてVの字に折り曲げて裏側に接着します。安全ピンを付けて完成です。万が一裏側が気になる場合は、フェルトなどの厚めの布に接着できるタイプの安全ピンを貼り付けてから、くるみボタンの裏側を隠すようにフェルトを接着します。

ロゼットのいろいろなデザインや用途

インターネットで検索したり、雑貨屋さんやネットショップを検索するとお分かり頂けるようにロゼットにもいろいろなデザインがあり、ブローチだけでなくヘアピンやバッグチャームなど様々なシーンで使われていることが分かります。アイデア次第で自分でもいろいろな作品が作れますので是非気軽に作ってシェアしてみて下さい。布やリボンの素材を変えるだけでもデザインに幅を持たせることができます。ロゼット風アイテムでかわいいと思ったアイテムを挙げてみます。ヘアゴム・ラッピングの留め具やワンポイント・シール(厚みが薄い場合)・画鋲・マグネット・ループタイ・ネックレス・ピアス・イヤリング・指輪・キーホルダー・ストラップ・ヘアピンなどです。興味が湧く物がありましたら是非作ってみて下さい。